実在の探偵調査業務の種類の業務内容について

探偵の調査業務の種類

日本全国で活動している探偵の数は5000件以上といわれています。探偵は依頼のあった案件に対して調査をおこなうことで報酬を得ますが、その調査の種類はどんなものがあるのか正確に知っている人は少ないのではないでしょうか。

日本全国で活動している探偵事務所や興信所で請け負っている調査業務の種類は決まったものがあります。 もっとも一般的な調査業務について紹介すると

・浮気調査
恋人、夫婦の不貞行為に関する調査をおこない、不貞行為の実態を暴きます。

・人探し
行方調査とも言われますが、家出してしまった家族や音信不通の友人の所在を調べます。

・行動調査
探偵事務所によっては素行調査ともいわれますが、調査対象者の行動、素行、性格の調査をします。

・企業信用調査
企業の与信調査やリスクマネジメント管理をおこない、不正の調査もおこないます。

探偵事務所と興信所の一般的な調査内容は以上になります。
このなかでもっとも多い依頼としては、浮気調査と人探しで、特に人探しではテレビ番組などで実際に人探しをするために、探偵事務所が行方不明者または音信不通の友人を探すなどで有名です。

浮気調査では、探偵の調査のノウハウなどを細かく紹介していたり、探偵自身が経験してきたことから、浮気を防ぐための方法や見破り方などをインターネットや書籍を通じて紹介していることもあり、知っている人は多いでしょう。

今紹介をした、4つの調査業務以外にも、探偵が請け負っている調査業務がいくつかあります。
それは盗聴器発見業務であったり、個人警護、セキュリティマネジメントなど様々です。
自分が何の調査をしてもらいたいのか、その依頼を遂行することが出来る探偵を探すのが依頼人には必要です。
またビジュアル的にも、魅力的でハンサムに描かれている(設定されている)事の多い探偵ですが、あのように人目を引くような存在であっては、現実の探偵は調査を行うことはできません。ごくごく一般的などこにでもいそうな存在。街中で見かけても、「あ、探偵だ。」となってはいけない、周りに溶け込み気配を消せる人。それが現実の探偵の条件なのです。
ただ洞察力などは、現実の探偵においても調査には必要な能力です。調査対象者の行動をよく見て、咄嗟の行動にも対応できる臨機応変に対応できる能力も同様に必要です。
さらに運転技術も必要です。尾行調査は徒歩で移動している時ばかりではありません。車両を使っての尾行も多く、ペーパードライバーでは調査を行うのはまず無理です。もしもあなたが探偵を目指しているのなら、咄嗟の判断力と運転技術は必須項目といえます。

ホームセキュリティ&探偵徹底Guideでは、探偵の行っている調査に関することを徹底解説しています。探偵に興味がある、依頼を考えているそんな人にお勧めの情報をまとめています。